Home News Diary BBS Calendar LOG About this site

« 2006年02月19日メイン2006年02月21日 »

★日記 2006/02/20

★感動した!!
今大会のMIPに決定!トリノ五輪、実は堀さんが一番見ている競技はカーリングだったりします。初戦からずっと見ているのですが、4戦目(1勝3敗)までは勝ったアメリカ戦も含めて、もうため息の連続・・、見てるとストレスが溜まりまくる内容の連続でした。
とにかくミスが多くてほとんど自滅と言ってもいいくらい。野球に例えると、満塁の場面で、カウント0-3からボール球を3つ振って三振みたいな感じだったんですな。
まぁこの競技ではショット自体の成功率が60%、70%の世界なので、ミスをするな!というよりは、ミス前提で、相手のミスに乗じていかに自分たちを有利に持っていくかということだとは思うのですが、それにしても序盤でリードしながら自分たちのミス → 逆転負けというパターンの連続は見ててとても歯痒かったです。

しかし!予選突破は半ば諦めムードで見てた第5戦のカナダ戦は本当に素晴らしかった!今大会で一番興奮したし感動しましたよ!これまでの敗戦のA級戦犯だった小野寺の完全復活と言っていいスーパーショット連発は、堀さんテレビの前で何度ガッツポーズしたか分かりません(笑)。シビレました!。
さらに次の、スウェーデン戦はもっと凄かった!!。最終的に7対8で敗れはしましたが、世界チャンピオンを向こうにまわし最後の一投まで勝敗が全く分からない本当に素晴らしい内容でした。今大会のベストゲームでしょう。本当に感動した!(涙)
現地ではこの日のカナダ戦、スウェーデン戦を見て日本チームのファンになったという人も多いらしく、日本チームを応援してくれる外国人の方も急増中とのことです。納得ですね。
スキップの小野寺選手は今大会日本人No.1のMIPだと思う。予選突破は非常に厳しい状況ですが、マスコミは(世間も)表舞台のフィギュアや順位の結果だけで判断せず、こういうマイナー競技ではあるけど、感動を与えてくれた選手たちも評価してほしいですね。
きっと敦賀も草葉の陰から見守ってくれてることでしょう。船の上か。(笑)
ていうか映画「シムソンズ」の公式サイト重すぎ。アクセス急増中なのかな。
<関連:小野寺歩(カーリング)【女性アスリートの素顔と私生活】
<関連:映画 「シムソンズ」
<関連:長野五輪の英雄、昼はカキむき

●「トリノ五輪代表はなぜ勝てないのか」渡部絵美に聞く(前編)

●「トリノ五輪代表はなぜ勝てないのか」渡部絵美に聞く(前編)
フィギュアスケートに限って言えば、スケート連盟がすべて悪い。以上。ヽ(`Д´)ノ

●大戦略生誕20周年記念作品「大戦略VIII」発売

●大戦略生誕20周年記念作品「大戦略VIII」発売
88版スーパー大戦略が堀さんの大戦略ラストプレイですな。(遠い目)
艦船が登場してるなんてカルチャーショックぽ。

●第20回日本ゴールドディスク大賞公認アルバム発売!

●第20回日本ゴールドディスク大賞公認アルバム発売!

社団法人日本レコード協会主催の「第20回日本ゴールドディスク大賞」において、各賞を受賞した作品を集めたコンピレーションCDを、第20回授賞式(2006年3月9日)に先立ち、3月1日に発売いたします。このアルバムは、日本レコード協会会員社ならびにアーティスト等の協力のもと、レーベルの垣根を超えて収録される、2005年の音楽シーンを総括するのにふさわしい貴重なアルバムです。
5年間続いた宇多田ヒカル、浜崎あゆみの牙城を、昨年は見事にオレンジレンジが打ち崩したわけですが、連覇は無理っぽいかな??
となると今年は一体誰ですかね?話題性で言えばレコ大も獲った倖田來未なんだろうけどどうだろ?。彼女の曲は堀さんキューティー・ハニーとFFX-2のテーマソングとNHKのJリーグのテーマソングしか知らないっす。
堀さんは最近一青窈だったりします。(謎)
<関連:日本ゴールドディスク大賞

●BEGINの青春描く 映画「恋しくて」制作発表

●BEGINの青春描く 映画「恋しくて」制作発表
人間ドラマはもちろんだが、島の自然の美しさ、雄大さが伝わるような作品になってくれるといいなぁ。
ちなみに実史でいうとBEGINの3人の学年とその一つ下の学年辺りが、島ではもっとも荒れてた時代ですな(笑)。校内暴力や学校間抗争など凄まじく、窓ガラスが割られるとかスプレーで校舎に落書きは日常茶飯事だった気がする。
こんなダークサイドなシーンは入れないでね。(笑)