Home News Diary BBS Calendar LOG About this site

« 2006年07月メイン2006年09月 »

“革命”という名のマウス

<ITmedia>
かなり期待大!。とは言え、この記事を読むと不安点もかな~りあるかも・・。
筆者の元麻布はロジのソフトウェア力をかなり持ち上げていますが、一般ユーザーの認識では、ハード一流、ドライバー&ユーティリティは三流というのがロジの評価だと思う。(具体的に言うと、SetPointクソすぎ!!とか(笑))
ユーティリティとの連携が肝となるRevolution、果たしてどうなりますかねぇ。
スタパトロニクスでのレビューを待ちたいです。

プレイステーション3 公式サイトオープン!

堀さんは現時点で購入予定は一切無し。DQかFFが出てから考えます。

<関連:PLAYSTATION3 コンセプトサイト

違和感

報道ステーションでガンダムのDVD-BOXのCMがやってた(笑)。場違いでチョト笑ったぞ。
笑っていいとも増刊号でコンドームのCMが流れたのと同じくらいな違和感。(^_^;)

チャーシュー力


迷わず並べよ、食べれば分かるさ。
さそり固め、力ラリアットと格闘してきた友達によると、コテコテだが味はまぁまぁとのことですた。
猪木だったら売り上げの半分くらいをピンはねしそうだな。(笑)

サッカーに新たな大技? 話題呼ぶ「くっつきドリブル」とは。

<Narinari.com>
この手があったか!!。
染之助・染太郎が健在なら、スーパーサブとして代表に呼んだのに。(´_ゝ`)

リアルなメイドさんを中国で雇ってみた

<ITmedia>
映画やドラマの中とかのメイドさん話ならなんとも思わんけど、リアルでこんな話聞くと、面白いというより引く・・。

ねこがだれている

<ニュー速クオリティ>
ジロジロ見てんじゃねーよ!和む。(*´д`*)

八重山商工 金城長の独り舞台!

<スポニチ>
ぐっさんじゃないよ長靖テラスゴス!!
145キロ出てましたよ!変化球もキレキレ!打っても甲子園で4戦3発!!(甲子園で3本のホームランは沖縄県勢の選手としては初の快挙)。県大会の決勝でも、バックスクリーン上のスコアボードに直撃する特大ホームランをかっ飛ばしています。
あ~、惜しむらくは身長があと15センチ・・いや10センチあればプロでも大活躍は間違いなかったのに・・(涙)。いや、セカンドならいけるぜ!!ロッテに来い!

しかし小さな体を目一杯使って全力で投げるフォームは熱いものがありますな。気迫が伝わってきます。
これまで商工の勝ち負けは、大嶺一人の肩に全てが掛かっているといっても過言ではありませんでしたが、この試合で商工には好投手が2人いるんだぞ!ということを全国に知らしめたことで、現実的に優勝を狙えるチームなったとまた評価を上げた人も多かったのではないでしょうか。

肝心の大嶺がどうにもピリッとしないのが不安ですが、あと4戦、悔いの無いよう頑張って欲しいです。

<関連:八重山商工ショック療法白星!大嶺先発外す@スポーツ報知
<関連:2失点も圧巻!八重山商工・大嶺、アウトはすべて三振@サンスポ
<関連:八重山商工、型破り 挟殺ピンチ逆手に本盗@朝日

ひみつ道具「くうき砲」など、ドラえもんの世界を再現したおもちゃ続々登場

<MYCOMジャーナル>
堀さんならアノひみつ道具が欲しい!と即座に道具を思い出せなくなってしまった自分にガッカリ。年は取りたくないものなり。
ていうか、射程3メートルの空気弾って何気に威力ありすぎじゃないですか?どんな感じなんだろ空気弾って?

2回戦、よゆう勝ちキタ━━(°∀°)━━!!

9回は心臓止まりそうだったけど。。

ザ、旧盆

<デイリーポータルZ>

沖縄の最大行事、旧盆。何をおいても盆という全力投球の3日間をお伝えします。 (安藤 昌教)
旧盆は賑やかですなー。堀さん家も無事にウークイを終え、今は大量に残った中身汁と八重山そばを食べる毎日です・・。作りすぎだっつーの(涙)。

八重山商工 驚異の粘りで逆転勝ち@スポニチ

変なおじさんじゃないぞ(笑)一番頑張っていたのは実は千葉経済の一年生左腕ピッチャー。
センバツに続いて夏もまた自滅で敗退かぁ;;と堀さんももう何度も諦めてたますたよ。自滅というか、今回も大嶺の独り相撲なんだけどね。(怒)
(暴投、悪送球、フィルダースチョイス、打ってもただ一人ノーヒット)

緊張感が無さすぎな彼でしたが、試合後のインタビューでは誰かさんと違って、2ケタ奪三振どんなもんじゃい!とは言わずに仲間への感謝と自分の不甲斐なさを反省するコメントしてたので、まぁ一安心です。(笑)
次回は20奪三振しますよ~!。

将軍様マンセー記事を彷彿とさせる、島民の心情を書いた記事はこちら。おう!すがれるものには何でもすがるぜ!!(笑)。

朝日の優勝予想は苫小牧、横浜、智弁和歌山、八重山商工の4校が有力と予想。
ていうか浦学負けんなよ・・。恩返しが出来なくなっちゃったじゃないか。

<関連:八重山商工旋風、夏も!/夏の甲子園@日刊スポーツ
<関連:【高校】奇跡!八重山商工九回二死から執念同点!十回勝ち越し@サンスポ
<関連:ミラクル逆転/一喜一憂 最後は歓喜@沖縄タイムス
<関連:きずなが生んだ大逆転劇@琉球新報

「SIMPLE 2000シリーズ」100タイトル突破記念インタビュー

ミリオンセールスを記録してたとは知らなんだ(笑)。すげぇ!。

迷惑なアイツの携帯を黙らせろ!◆◆黙れケイタロー◆◆

猫に小判。キ○ガイに刃物。ミイラ取りがミイラ。
正解はDOCCHI?

サッカー:沖縄初の日本代表・我那覇、オシムにびっくり

キタ━━(°∀°)━━!!。
能力的にはまだまだフル代表に入るような力では無いと堀さんは思っていますが、貰ったチャンスは是非モノにして欲しいです!。
高校卒業でJ入りして以来、川崎一筋で8年。オシムという素晴らしい指導者の下でさらに飛躍を遂げて欲しいです。期待大です!。

<関連:我那覇代表入り・県の少年選手に大きな励み@琉球新報

日本語は大丈夫か!?

すざましい の検索結果のうち 日本語のページ 約 42,600 件
すさまじい の検索結果のうち 日本語のページ 約 1,520,000 件
間違ってる人多すぎ!!
(人に言えた身分じゃないけど)

号泣(;´д⊂)

F1のポディウムで聞く初めての君が代。感動しますた。
願わくば琢磨の手で聞かせてもらいたかったけど、今は素直にホンダおめでとう!。
しかし長かったな・・。

全国高校野球:6日に開幕 深紅の大優勝旗の行方を展望

我らが商工は、優勝予想では2番手グループという評価。清峰と同列と思われているのはチョト気に入らんが、まぁ許す。
苫小牧、横浜、清峰、浦学と役者は揃ったなり。さぁ!全部倒すよ~!!。

八重山商工・大嶺はゴジラ級/高校野球

ゴジラ級じゃなくて、ゴジラ以上。記事は正確に書けコノヤロウ!。

「パワプロ」著作権侵害訴訟、コナミの訴え棄却

これは普通に考えてコナミが無謀。自分のことを棚にあげてよく言うよと皆思うんじゃないかなぁ。韓国の「新野球」ってのをプレイしたことないので、実際のゲーム内容は分かりませんが。

花の国と称された時代、昭和初期の貴重なフルカラー映像

これは大必見!!
友達に教えてもらったのですが、にわかには信じがたいほどの鮮明なカラー映像の記録です!。
映し出される当時の日本を見ていると、日本の文化水準、技術力の高さがよく伝わってきますね。イケイケどんどんで調子に乗って他国を侵略したのも、何となく分かるような気がします・・。
カラー映像恐るべし。堀さんにはチョト刺激が強すぎるなり。

米軍機の洗い場、公開/嘉手納基地

こんなもんの建設費用に何故に1億3千万も掛かりますか??。姉歯なら200万で造るぞ。(不謹慎)

ネット詐欺案内所

堀さんはまだワンクリック詐欺に出会ったことが無かったので、「ワンクリック詐欺擬似体験」 を試してみました。なるほど、こういうものなのかぁ。
引っ掛かるほうにもかなり問題があると思われるオレオレ詐欺などとは違って、これはちゃんとした人でもコンピュータの知識が無いと引っ掛かっちゃいそうですね。
ネット社会の教育を、中学や高校でもっとしっかりやったほうがいいと思います。

<関連:画像で見るワンクリック詐欺サイトのよくある手口

19歳・亀田興毅、微妙な判定で王座奪取

視聴率凄すぎ!。では堀さんの感想をば。

■亀田興毅のボクシング
昨日、初めて亀田三兄弟の試合を見ました。長兄・亀田興毅のボクシングを見た印象は、率直に言って悪くなかったです。寧ろ好印象すら受けました。なんか真っ直ぐなボクシングの試合を見せてもらったなというのが感想です。
これには、いわゆる試合巧者とか老獪さとかで表現されるような戦法を一切使わず、同じく真正面から戦ってくれた対戦相手のファン・ランダエタ選手にも敬意を表すべきでしょう。
もし、ハードパンチだけではなく、上手いなぁ、いやらしいなぁと思うような試合運びをする対戦相手だったなら、もっと厳しい内容になっていただろうなと思います。

真っ直ぐなボクシングスタイルは堀さんも好きですが、注文もあります。
ディフェンスを基本に戻ってもっとキチンとやったほうがいい。フットワークは全く使わないし、ダッキング、スウェーも一切しない。打たれながらもガードを固めてずんずんずんと正面から向かっていく戦いぶりにはある種の衝撃を受けました。まさに型破り!。
しかし、いくらガードの上からとはいっても、あれではパンチを食らいすぎです!。一撃必殺の決定打にはならなくとも、あれだけ数を食らっては徐々にダメージが蓄積され、本来の体の動きを失ってしまうでしょう。
ディフェンス面においてはランダエタ選手とは決定的に違いました。それは試合終了後の両者の顔を比較すれば一目瞭然ですね。
正直、このスタイルでよく世界戦までこぎつけたなぁと驚きでした。

彼のボクシングを見た感想は以上。
で、次は判定結果を含めた総括をば。

■判定結果について
判定結果については意外でした。堀さんは3-0でランダエタの勝利だと思いましたが、2-1と割れた上に勝者は亀田・・。ただ、かなり意外ではありましたが、それが世間で大騒ぎするような”八百長”という言葉には堀さんは直結しませんでした。「ホームタウンデシジョン」 と 「ボクシングの採点方法、採点基準」 を考えれば、十分有りえる結果の一つだとは思います

亀田優勢と採点した2人のジャッジについても、コメント等はまだ確認してませんが、「こうこうこういう基準で採点した」と言われれば、「う~ん、じゃあしょうがないか、確かにそうだね」 と返すしかないだろうと多分思います。それが今のボクシングの採点基準というものなのです。(とは言うものの12Rに金ジャッジが亀田に10点つけてるのは首を捻りたくなりますが・・。)

過去にも堀さんはボクシングの判定に疑問をもったことがありますが、ハッキリ言えるのは、「ボクシングの判定結果に文句を言うのは非常にナンセンス」 ということです。
KOで決着がつかなかった場合、納得がいかない判定結果がどちら側にも下される可能性があると思うべきです。KO出来なかった自分が悪いと思うしかありません。

今回の判定結果についての堀さんの結論。
今回の判定結果をもって八百長とはもちろん断言できないし、採点もルールに則ったちゃんとしたものであったのかもしれない。
だけど、観客の感想、評価とこんなにもギャップがある判定結果が出たことについて、プロスポーツの興行としてこれでいいの?という疑問は大いに残る。
ボクシング界は採点方法、採点基準を見直してもいいのではないでしょうか。

■総括
最後に総括。
アレだけの負け試合をしたのだから、ちょっとは大人になるかと期待したんだけど、今日のインタビューとか見てたら、ダメだこりゃ・・益々天狗になっとる・・。(´Д`;)
ホント、絵に描いたようなチンピラだな。
TBSと協栄ジムの大人たち、そして亀田父は世間のこの反応を真摯に受け止めてほしい。才能ある若者をこれからも世間の笑いものにするつもりか?

<関連:採点表
<関連:亀田興毅×ランダエタ まとめ
<関連:過去のニュースな日記:2001/7/3