Home News Diary BBS Calendar LOG About this site

« ゲームメイン

喜

BSアニメ夜話 第8弾 タイトル決定!

<BSアニメ夜話>
友達から聞いた話によると、今回のタイトルは 「時をかける少女」 と 「装甲騎兵ボトムズ」 らしいです。

ボトムズ遂にキタ━━(°∀°)━━!!と言いたいところですが、既に内容全然覚えてません。。再放送してっちょ。
しかしボトムズを語れるタレントゲストって見つかったのだろうか?テレビ見てても 「ボトムズ最高!!」 って言ってる芸能人見たことないぞ。(笑)

時かけは正月に見たんですが、普通に面白かったですね。
しかしながらネット上でのクチコミから大ヒットしたという事象以外は、特に夜話で取り上げるほどの作品だったとは全然思わないのですが、話題性からのチョイスなのかな?。まぁ普通に面白いですが。

BSオンラインで調べてみたところ、最終的に第8弾は、「母を訪ねて三千里」、「装甲騎兵ボトムズ」、「時をかける少女」、番外編「精霊の守り人」ってことらしいです。
せっかくアニメ夜話のホームページが出来たってのに、そっちは全然更新されてないってどーゆーことよ!。
ホームページを見る限り、しょこたんは番組を降ろされた模様。

平

アニメギガ

<NHKオンライン>
NHKがまた一つオタク向け番組の放送を開始していたらしい。しまった、第一回見逃した。

Q.酔狂さんからの質問
「アンパンマン」のバイキンマン役のオーディションを受けて落ちたというのは本当ですか?

A.山寺宏一
本当です。特にアニメはメインの役をオーディションで決めることが多いので、若い頃はしょっちゅう落ちてました。受かる人は一人ですからね。落ちることの方が多かったです。バイキンマンは次点だったんです。中尾隆聖さんというピッタリの人がいたので「よかったけど惜しかったな。その代わり、いろんな役をやるから。特にいま犬が決まってないんで、まず犬をやって」って言われて、他にもいろいろやってもらうからって言われて、もう19年間やってます。でもよかったです、バイキンマンをやっていたらノドが大変なことになってますよ(笑)。

ワロスw。

哀

サイエンスZERO 眞鍋かをりが番組を卒業。

堀さんのMy Favoritesなテレビ番組の一つ 「サイエンスZERO」ですが、この4月からナビゲーターが、2003年の番組放送開始以来4年間務めていた眞鍋かをり(←おー、一発で変換できた!)から安めぐみへと変更になりました。
結構ショックっす。(;´д⊂)

で、安の司会っぷりを見た感想ですが、んー、マッタリした番組になったなぁ(*´д`*) ってとこですかね。堀さんは眞鍋のサバけてて元気のいいところがお気に入りだったんですが、コレばっかりはキャラが違うのでしょうがないですかねぇ。
安も土星の輪を望遠鏡で見てえらいテンションが上がってたので(笑)、まぁ科学には興味があるのかもしれない。とてもいいことなりよ。これからも一生懸命頑張ってくださいな。

さて、今回の司会交代劇ですが、安への交代が発表された後、一部ではどうでもいい話題で盛り上がっていたのでした。
それは、”NHKが安のプロフィールをどう書くのか?” と言うことです。
もうちょっと正確に言うと、”最終学歴をどう書くのか?”ってことですね。

番組ホームページに掲載されているナビゲーターやコメンテーターのプロフィールですが、
リニューアル以前はこんな感じです。(実際のwebはこちら
070321_01.jpg

横国卒の真鍋さん、これに対して安さんは高校中退らしい・・。
さぁどうするNHKってことでちょと注目が集まったわけですな。(笑)
そしてNHKが出した結論は!?
こんな感じ。(実際のwebはこちら
070321_01.jpg

いやー安のとこだけバッサリ落としましたな(笑)。ここまでバッサリ行くと気持ちいいぞ。(笑)
(まぁNHKがどうこうじゃなく、事務所がNGだしたんだろうけどねー。)

番組が長続きするよう、安さんには一肌脱いで頑張って欲しいです。(親父ギャグ)

平

アニメ夜話スペシャル 「とことん!あしたのジョー」の放送が決定

BSマンガ夜話
偉大な「ガンダム」 の次にNHKがスペシャルに持ってきたのは、なんと 「あしたのジョー」 でございます。
あしたのジョーと言われても堀さん 「立て!立つんだジョー!!」 と 「燃えた・・燃え尽きたよ・・真っ白にな」 の、よくネタに使われるセリフくらいしか思い浮かびません。内容は全く知らんとです。(汗)
良い機会ですので見てみよう。

<関連:BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」実況スレッド@過去ログ

泣

第1回「声優アワード」の授賞式が開催

<AV Watch>
遅きに失した感はありますが、とても素晴らしいことです!。
声優というとアニメの声優を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、洋画の吹き替えや、テレビ番組のナレーターなど、その活躍の場面はとても広く、別にアニオタでなくとも接する機会は意外に多いものです。
俳優さんや歌手のように、声優という職業はもっと評価されるべきだと堀さんは常々思っていました。

まぁ堀さん的には、現在の商業ベース、声優業界のシステムで生まれてきた若手の声優さん達はとりあえず置いといて、今回は功労賞という形で表彰されましたが、不遇の時代に声優界を支えてきたベテランの方々を、生きているうちに早く再評価・表彰してもらいたいのですよ。

声優個人の活動を作品の枠を超えて評価/表彰する今回のアワードは、こうした現状の中で、声優という職の持つ意味をあらためて見つめ直す意義があると言えるだろう。同時に、日陰の存在だった声優界の黎明期を支え、今日の発展へと繋げたベテラン声優達の受賞コメントは、いずれも声優個人として評価されることへの喜びに満ちたもので、胸に迫るものがあった。
堀さんもジーンときた。(涙)

喜

ガンダムを極めた芸能人No.1決定戦!ワンジャンルクイズ「専極」

ゲーノウドランカー
紛うことなきガンダムバカ!!wwww尊敬しますぜ!ww

堀さんはたった3問しか正解出来ませんでしたよ。
リンク先のゲーノウドランカー様のサイトにムービー(前・後編で計21分くらい)がありますので、ガンダマーな方は挑戦してみてくださいな。

次回は次長課長の井上も参加させて、是非頂上決戦をしてほしいですな。
ちなみに往年のアイドル、富田靖子さんもガンダマーの一人です。最近も 「くりぃむナントカ」 で遺憾なくガノタぶりを発揮してましたなぁ。

<関連:専極SENGOKU 公式サイト

"ダ・ヴィンチ・コードの謎"キャンペーン

10月10日から毎週火曜日に発表される『ダ・ヴィンチ・コード』にまつわる謎(Mission)をGoogle TMやGoogle Earth TMを利用し、謎を解くと『ダ・ヴィンチ・コード』を巡る旅やsmartなどの豪華賞品がもらえるキャンペーンに参加できます!

『ダ・ヴィンチ・コード』にまつわる知識やGoogle TMの機能、Google Earth TMの機能を用いて、あなたもラングドン教授やソフィーのように、今年最大の“謎”解きに挑戦してみよう。

Google Earthって言葉に釣られて堀さんも早速参加してみますた。で、ミッション1無事クリア。
う~ん・・、“謎”解きって言うほど頭使わないかも・・。これからどんどん難しくなっていくのかな?。
まぁそんなこと抜きにしてもぐぐるあーすは楽しい^^。

テアトル池袋さよならイベントのレポート。

<「時をかける少女」公式ブログ>
また一つ池袋から映画館が消えました・・。これで堀さんの記憶にあるだけでも4館目ですかね。学生時代の思い出の場所が次々と無くなっていくのには寂しいものがあります。(涙)
テアトル池袋といえば昔は本当にアニメ専門劇場といった感じで、池袋のほかの映画館とは一線を画していましたな(笑)。その後、通常作品(といっても他でやってるような全米No.1!!とかな作品ではなくて、アジア映画とかどちらかといえばマイナーな作品が殆ど)を上映する普通の映画館になったあとも、「伝説のアニメシアター大復活祭」とか、週末のオールナイト・イベントを数々催すなど、アニメに対して非常に愛のある劇場でした。
イベントではいつもチケットが入手困難なほど盛り上がっていたので、閉館だなんて夢にも思わなかったですね。惜しむらくは今年の1月、行く予定だった「機動戦士ガンダム0083 5.1ch DVD-BOX」発売記念 イベント に参加できなかったことですかね。あれがテアトルに足を運ぶ最後のチャンスだったかも知れない・・。
関係者の方々、お疲れ様でした。m(__)m

と、ここまでは昔を懐かしみつつ、ノスタルジックに語ってみましたが、現実問題としては、旧態依然とした映画館は滅びろ!と堀さんは常々思っているのであります!。
座席が狭い、クッションがチープ、ドリンクホルダーが無い、前の人が邪魔で見れない、立ち見、クサイ、キタナイ。お前らサービス業をなめてんのか!と言いたくなる映画館はまだまだ多いです。(怒)
日記にも何度か書いてますが、堀さんはシネコン万歳派ですが、別にいくつものスクリーンがあるシネコンスタイルが好きなのではなく、単純に鑑賞環境(音響含む)が素晴らしく良いのがお気に入りなのです。
これにしたってアメリカからの輸入です。日本の映画業界関係者は客をバカにしすぎです。もっと努力しろ!
で結論としては、
「時かけ」、ワーナーマイカル系で上映してくれよ~ってことでおk。(笑)

<関連:時をかける少女 公式サイト
<関連:当館閉館についてのお知らせ@テアトル池袋

花の国と称された時代、昭和初期の貴重なフルカラー映像

これは大必見!!
友達に教えてもらったのですが、にわかには信じがたいほどの鮮明なカラー映像の記録です!。
映し出される当時の日本を見ていると、日本の文化水準、技術力の高さがよく伝わってきますね。イケイケどんどんで調子に乗って他国を侵略したのも、何となく分かるような気がします・・。
カラー映像恐るべし。堀さんにはチョト刺激が強すぎるなり。

おすぎ 「『ゲド戦記』ゴミみたい」

近々、自分の目で確かめてくるなりよ。親父はもうダメっぽいので、ジブリから素晴らしい新星が現れてくれるのを願ってるんですが・・。せっかくのスタジオが勿体無い・・。<ぬるヲタが斬る

<関連:ゲド戦記 公式サイト

永遠の名作 「プラネテス」 再放送開始!

21世紀になって堀さんが見たアニメの中では文句無しで1位のプラネテスが、NHK BSハイビジョンでまたまた再放送されます。何度見ても笑える、泣ける、爽やかな気持ちになれる。原作コミック版とはまた違った良さがアニメ版にはあります。未見の方はこの機会に是非!。

<関連:プラネテス 公式サイト
<関連:過去のニュースな日記:2005/4/6

「秒速5センチメートル」 公式サイトオープン!

「劇場オリジナルアニメに良作無し」 の状態が久しく続いている日本のアニメ業界、画も音もこれ以上無いというくらい素晴らしいクオリティを魅せているのに、肝心のストーリーがダメダメな作品が多すぎです(涙)。
宮崎、押井、大友は討ち死にしてるし、新年早々期待した銀色の髪のアギトも残念賞・・。
ここはもう新海に期待するしか!。

<関連:新海誠 - Wikipedia
<関連:Other voices -遠い声-

「BLOOD+」 全話無料開放!

オールスターゲームの放送があった関係で、先週はいつもと放送時間が違ってたのさ。
で、モノの見事に録画失敗したのさ。
で、調べてみたら、ネットで無料配信されてたのさ。
ビバ!ネット社会!。

で、肝心のBLOOD+なんですが、1クール目はテンポも良く、非常に面白かったんですが、ロシアに渡った辺りから、話の進み具合が鈍化して、なんだか微妙になってきましたねぇ。
物語中によく沖縄の方言である 「なんくるないさ」 が出てきますが、スタッフも(後のことは)なんくるないさーでこの仕事スタートしたんじゃなかろうか?と最近思ってきた。(苦笑)

<関連:BLOOD+ 公式サイト

唯我独尊 テレビ東京@探偵ファイル

柳沢と違って期待は裏切りませんな。(笑)

ていうか稚内とか言われてもわっかんない。

・・・。
不謹慎スマソ。。

本と映画に関する調査@マクロミル

サンデーは死亡?。
この前テレビで、チャンピオン黄金世代の人とジャンプ黄金世代の人が対決してた。

東京国際ファンタスティック映画祭 - 休止のお知らせ

むむむ・・残念・・。
今年は実施概要がなかなか発表されないなぁとは思っていたのですが・・、資金難かぁ。(涙)
アニメ関連の上映はいつもチケットが入手困難なくらい大盛況な状態でしたが、一般作品はそれほどでも無かったのかなぁ。
やっぱ平日ってのが悪いな。来年はゴールデンウィーク開催で是非復活を!。

片山まさゆき氏のキャラクタが登場する麻雀講座「Maru-Jan 麻雀入門」を公開

060606_01.gif
皆さんご存知の通り、堀さんは片チン信者。
最新刊 「オーラ打ち!言霊マンボ 第1巻」 は現在アマゾンのランキングで21,870位!
みんなお願いだからマンガ買ってあげて~。(;´д⊂)
<関連:片山まさゆきのお店 - ミスチョイスR -

ダ・ヴィンチ・コードを鑑賞す。

モナリザは全く関係ありませんでした(笑)5月一杯が有効期限の鑑賞券を消化すべく、宗教色が強い映画はあまり好きではない堀さんですが、巷で話題のダ・ヴィンチ・コードを見てきました。ていうか、まずなんで日本でこの映画がこんなにヒットしてるのかよく分からんのですが・・。お前らクリスチャンじゃないし、キリストだのバチカンだのそんなのに興味も無いだろ。(笑)

では早速レビューをば。(ネタバレはありません)
結論から先に書くと、堀さんの評価は5点満点の2.9です。及第点の3点マイナス0.1点といったところですな。マイナス0.1の理由は後で書きますが、その条件に合致しない人であれば3点ということで、まぁ普通に楽しめる作品だとは思います。

この作品は、2つのパートに大別できるかと思います。一つは「無実の罪をきせられた主人公の真犯人探し」というミステリーの王道部分。もう一つはこの作品が世界中で物議を醸している原因である、ダ・ヴィンチ・コードの解読を含む「キリスト(教)の歴史、真実、新説」にまつわる部分です。

作品全体の印象としては、矢継ぎ早に主人公たちが危機に陥るので、結構ハラハラドキドキしながら楽しく見れるのではないでしょうか。
その裏返しというか、逆に展開がスピーディすぎて、人物描写をはじめ、全体的に説明不足感があるのは否めません。
トリックなども観客に考える時間を与える間も無くポンポンと次々に解決していくため、答えを出されても、「なるほど感」「やられた感」が感じられず、謎解きの楽しみや感動はとても希薄な印象です。

そして、この作品の評価を分ける最大のポイントは、やはり見ている人の「キリスト教に対する予備知識」でしょう。「オプス・デイ」、「シオン修道会」、「テンプル騎士団」、「マグダラのマリア」、「聖杯伝説」、次々と日本人には聞きなれないキーワードが飛び込んできます。
堀さんは原作こそ読んでいませんでしたが、これらに関連する知識を事前に持っていたのでそれほど戸惑いませんでしたが、スピーディな展開で聞きなれないキーワードが飛び交い、話が分からなくなってしまう人もきっと多いのではないでしょうか。
この点を考慮し、今回は評価をマイナス0.1点としました。

話(仮説)自体は面白いです。カンヌでは失笑を買ったとのことですが、魔女狩りやガリレオ裁判などの歴史を考えれば、教会が権力保持のために歴史を捻じ曲げたことなど無い、と考えることのほうが無理がありますからね。まぁ話に説得力は全然無いですが。(笑)

この作品のテーマそのもの、及び宗教観については、個人的に言いたいことは沢山あるけど、長ったらしくなるので割愛。
一言だけ言うなら、最後のクレジットで「この作品はフィクションです。実際の・・・」ってのを見たとき、堀さんはちょっとイラッときた。

■結論
恐らく、「キリストは宇宙人だった!!」と聞いても、「ふ~ん」としか感想を持たないであろう多くの日本人にとっては、こんなに世間で騒がれるほどの話題作・注目作では決してないし、世間で酷評されているほど面白くない作品でも決してない。いたってごく普通の映画作品の一つであると思う。
<関連:ダ・ヴィンチ・コード 映画公式サイト
<関連:Yahoo!ニュース:ダ・ヴィンチ・コード

PS.どっちかつーと出版業界のほうが、副読本や関連書籍で一儲けしようって魂胆ありありで騒ぎすぎのような気がするのですが・・。
PS2.今回初めてデジタルシネマを鑑賞しました。ルーブル美術館をはじめ、芸術性の高い映像も多かったこの作品ですが、想像以上にキレイに見れたのでビックリしました。ここまで解像度があるなら、正直もうフィルムは要らないんじゃないかと思った。
PS3.ナルニア・ショックからは立ち直りますた。(笑)

●アスキー「蘇るPC-8801伝説 永久保存版」を発売!

●アスキー「蘇るPC-8801伝説 永久保存版」を発売!
表紙の話だけで朝までしゃべれます88キタ━━(°∀°)━━!!
以前、蘇るPC-9801伝説が出た際には、98は興味ねーと堀さん書きましたが、88ならばメッチャ興味ありますぞ。てことで当然の買い!でございます。
なお、既に店頭では先行販売が行われている模様。

「森田のバトルフィールド」 で友達たちと熱いバトルを交わした記憶が蘇ってきますなぁ(遠い目)。森田じゃねーよ 「モリタン ノ バトルフィールド」 だろ!と突っ込んだあなたは本物。(笑)
<関連:蘇るPC-9801伝説 永久保存版
<関連:RetroPC.NET

●ハリウッド化して欲しいマンガはコレっ!@オリコン調べ

●ハリウッド化して欲しいマンガはコレっ!@オリコン調べ
日本のテレビドラマ界も既にそうですが、近年ハリウッドのシナリオ不足は深刻な問題になっており、そうなると、世界に冠たる日本のマンガ・アニメがクローズアップされてくるのは、必然的といいますか当然な流れだと思われます。
堀さん自身はこの流れ自体は大歓迎です!。というのも、現状の邦画の製作環境(制作費的なこと、技術的なこと)を考えれば、日本で映像化した場合、悲惨なことになるのは目に見えてますからね。ほらちょっと前にもあったでしょ、デビルマンとかキャシャーンとかキューティー・ハニーとかハットリくんとかさ(笑)。
キューティー・ハニーはエンターテイメントとしては唯一成立してたとは思うけど、キャシャーンとか特に酷いよね・・。この前テレ朝がゴールデンタイムに放送してたが、もうアホかと。あんなものをゴ(ry。
そこいくと、スパイダーマンのような作品をサラッと作ってしまうあたり、やはりハリウッドはもの凄いものがあります。

話を元に戻すと、ハリウッドでの映画化は大賛成。が、その上で注文もあります。
堀さんがお願いしたいことは、

  • 名前だけ貸すのではなく、内容にも関わってほしい。
  • 内容が原作とかけ離れている場合は、タイトル名を変えてほしい。
の2点ですね。

上記のことを説明する場合、一番分かり易い例は「ゴジラ」だと思います。ゴジラは98年にハリウッドで映画化されましたが、その内容たるや全くゴジラではありませんでした。ハリウッド版を見て、本家ゴジラの根底に流れるメッセージを読み取れた人はいないでしょう。(怪獣部分以外のバックボーンは全て吹っ飛んでカケラも無い;;)
一つ目の「内容にも関わってほしい」というのは、最低限譲れないポイントはキチンと抑えてほしいってことです。
で、2つ目はハリウッド版ゴジラのように、あまりにも原作とかけ離れた内容の場合には、「ゴジラ」ではなく「怪獣ダッシュ」とか違うタイトルにしてくれってことです(笑)。(もちろん原作料はいただきますよ)
違うシリーズだってことになれば、原作ファンの悲しみも減るでしょうからね。

ていうか、ディズニーのパクリをどうにかしてくれよ!ライオンキングとかアトランティスとかめっちゃ気分悪いぞ!!(怒)。ヽ(`д´)ノ
なんか突然思い出したさ。

●BEGINの青春描く 映画「恋しくて」制作発表

●BEGINの青春描く 映画「恋しくて」制作発表
人間ドラマはもちろんだが、島の自然の美しさ、雄大さが伝わるような作品になってくれるといいなぁ。
ちなみに実史でいうとBEGINの3人の学年とその一つ下の学年辺りが、島ではもっとも荒れてた時代ですな(笑)。校内暴力や学校間抗争など凄まじく、窓ガラスが割られるとかスプレーで校舎に落書きは日常茶飯事だった気がする。
こんなダークサイドなシーンは入れないでね。(笑)

●GyaO、アニメ「ガラスの仮面」第1話から第32話までを一挙に無料配信

●GyaO、アニメ「ガラスの仮面」第1話から第32話までを一挙に無料配信
恐ろしい子で~す^^配信期間は2/14~21の一週間。やるなGyaO!。本放送はいよいよフィナーレを迎えるところですが、いやぁ面白かったですなぁ。一年間飽きずに見れましたよ。途中で打ち切られるんじゃないかと心配してたので、本当に良かったです。
このマンガ、物語の構図はまさにスポ根モノそのもの(笑)なんですが、普通だと天才肌のライバルがいて、主人公は努力を重ねてそのライバルに打ち勝つってのがパターンなんですが、ガラスの仮面は全く逆なんですよね。天才(天然)の主人公に勝つために、ライバル達が逆に努力してるってのも面白いです(笑)。
北島マヤ、恐ろしい子!!!(お約束)

●ファイブスター物語 待望の最新第12巻、4月10日発売!

●ファイブスター物語 待望の最新第12巻、4月10日発売!
やっとこさ、約三年ぶりの本編の新刊リリースです!(怒)。公約していた年内発売から4ヶ月遅れでの発売ですね(怒)。まぁ発売日が決まったといっても、その通り発売されるとは限らないのが毎度のパターンな訳ですが。(怒)
直近で発売された2巻の改訂版では初版¥840 → 改訂版¥1470と実に定価を¥630もアップするという暴挙に出たわけですが、流石に評判が悪かったのでしょうか?最新刊は11巻から据え置きの定価¥1155となっております。とにかく早く読みたいのであります。

●第一回ベタデミー大賞 投票受付中!

●第一回ベタデミー大賞 投票受付中!

べ た 【 ベ タ 】

誰でも展開が読めるパターン化された言葉や行動のコト。
「ありきたり」「つまらない」といった否定的な意味で使われることが多い。
しかし、「ベタ」は笑いや感動を誰とでも共感しうる最強の共通言語なのだ!!

堀さんはドラマを殆ど見ない。何故か?
答えは簡単、ハマりすぎて来週が待てないから(笑)。大体見るときは録り溜めしといてイッキ見だなぁ。
しかしベタドラマの中のエンクミは異常にかわいいな。殆ど終わったタレントだと思ってたけど(最近見たことなかったし)、再評価されるといいなぁと思ったとです。加勢大周も以下同文。
ベタドラマ大好きです。

●2005年度 邦画興行成績ランキング

●2005年度 邦画興行成績ランキング

順位/作品名/配給会社/興行収入/公開日

01.ハウルの動く城/東宝/196.0億円/04年11月20日
02.劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ/東宝/43.0億円/7月16日
03.交渉人 真下正義/東宝/42.0億円/5月7日
04.NANA/東宝/40.3億円/9月3日
05.容疑者 室井慎次/東宝/38.3億円/8月27日
06.電車男/東宝/37.0億円/6月4日
07.ALWAYS 三丁目の夕日/東宝/32.3億円/11月5日
08.北の零年/東映/27.0億円/1月15日
09.ローレライ/東宝/24.0億円/3月5日
10.星になった少年 Shining Boy & Little Randy/東宝/23.0億円/7月16日
11.名探偵コナン 水平線上の陰謀/東宝/21.5億円/4月9日
12.亡国のイージス/松竹・角川ヘラルド/20.6億円/7月30日
13.妖怪大戦争/松竹/20.0億円/8月6日
14.戦国自衛隊1549/東宝/17.1億円/6月11日
15.東京タワー/東宝/16.3億円/1月15日
16.SHINOBI/松竹/14.1億円/9月17日
17.蝉しぐれ/東宝/14.0億円/10月1日
18.クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃/東宝/13.0億円/4月16日
19.春の雪/東宝/12.7億円/10月1日
20.ゴジラ FINAL WARS/東宝/12.6億円/04年12月4日
21.劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者/松竹/12.2億円/7月23日
22.ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島/東映/12.0億円/3月5日
22.タッチ/東宝/12.0億円/9月10日
24.劇場版 NARUTO 大激突!幻の地底遺跡だってばよ/東宝/11.8億円/8月16日
25.劇場版 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼/魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁/東映/11.0億円/9月3日
26.着信アリ2/東宝/10.1億円/2月5日
27.ロックマン エグゼ&デュエル・マスターズ/東宝/9.3億円/3月12日
28.この胸いっぱいの愛を/東宝/8.9億円/10月8日
29.機動戦士Ζガンダム-星を継ぐ者-/松竹/8.62億円/5月28日
30.ふたりはプリキュア マックスハート/東映/8.5億円/4月16日
31.まだまだあぶない刑事/東映/8.2億円/10月22日
32.劇場版 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島/劇場版 とっとこハム太郎 ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔/東宝/8.1億円/04年12月23日
33.真夜中の弥次さん喜多さん/アスミック・エース/6.0億円/4月2日
33.機動戦士ΖガンダムⅡ-恋人たち-/松竹/6.0億円/10月29日
35.釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪/松竹/5.8億円/8月27日
36.あずみ2 Death or Love/東宝/5.6億円/3月12日
37.姑獲鳥の夏/角川ヘラルド/5.53億円/7月30日
38.四日間の奇蹟/東映/5.1億円/6月4日
39.パッチギ!/シネカノン/5.0億円/1月22日
39.フライ、ダディ、フライ/東映/5.0億円/7月9日
41.金色のガシュベル!! メカバルカンの来襲/東映/4.6億円/8月6日
42.レディ・ジョーカー/東映/4.0億円/04年12月11日
43.劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ FIRST GAME/松竹/3.6億円/1月29日
44.阿修羅城の瞳/松竹/3.2億円/3月26日
44.大停電の夜に/アスミック・エース/3.2億円/11月19日

参考資料
社団法人日本映画製作者連盟「2005年度(平成17年)興収10億円以上番組」
キネマ旬報 2006年2月下旬決算特別号

トップ5のうち4位のNANA以外は堀さん全部劇場で見たわけですが、5点満点で5をあげられるよな作品は残念ながら無かったですなぁ。
堀さん的にはZガンダムIよりIIが減収になってることがうれしかったり(笑)。きっとIを見た一般人が今回は回避したんだろうなぁ。だってツマランもん。
ていうかアニメ/特撮以外に絞るとホント邦画って終わっちゃってますね。一昨年の盛り上がりが嘘のようです(涙)。ガンガレ!。

●映画「くりいむレモン」

●映画「くりいむレモン」
番組ガイド見てたら衝撃のキーワードが!

1月12日 27:00 テレビ東京 映画 「くりいむレモン」
な・な・な・なんだってーー!
あんなモザイク入りのエロアニメを地上波で放送できんのか??ついに日本もここまで来たのかーーー!!!と一人大興奮。(;゚∀゚)=3
しかし、詳しく情報を見てみると、どうやら昔懐かしのあのアニメではなく、2004年に実写化され劇場公開された映画の放送らしい。じ・じ・じ・実写化ーーー!もっとスゲェェ!!(;゚∀゚)=3
実写化されていたとは知らなかった堀さん、早速検索して公式サイトにアクセスしてみましたよ。(;゚∀゚)=3

ん?
・・・・・・、
なんだこりゃ、18禁どころか、R15指定ですらないじゃないか。写真見ても裸の一つも映ってないし・・・。
てことでこの話は無かったということで。(´・ω・`)